Sep 21, 2009

梵寿綱巡り1:ドラード早稲田

ポスト @ 9:11:30 , 修正 @ Sep 21, 2009 0:11:30 | 住居,梵寿綱

 住まい探しは、銀行の住宅ローンの審査などで難航している。この四月に勤務先が変わったので、今の勤務先での給与が1年間出ていないために数値として収入を示すのが困難なのである。夏のボーナスなんか1割くらいしか出ていないから、その振り込み通知を見せて、これでボーナス時の返済はいくらを予定していますと云っても困るらしい。書類をたくさん追加して、今は別の信託銀行2行の審査結果待ち。連休明けに結果が出るはずである。これで駄目なら、梵寿綱(以前)マンションに住むのは諦めざるを得ない。

 休日に出かけて数時間暇になってしまうことになったので、その間に梵寿綱マンションを見物に行くことにした。今日は、ドラード早稲田、マインド和亜、ラ・ポルタ和泉の三カ所である。

 地下鉄東西線の早稲田駅で降りて、3a出口から地上に出る。そのまま北へ向かえばよかったのに、方向を間違えて南へ歩いてしまった。間違いに気づき道を戻って、早稲田高校沿いに北へ少し歩くと左手に見えた。早稲田鶴巻町西交差点である。

 交差点の反対側から。もう少し近寄ってみる。一階は理髪店だったろうか。日曜の朝10時頃で、ちょうど開店しようかという時間だろうか。

 建設時には周辺住民からの反対運動などもあったらしい。ただの賃貸住宅なのだが、怪しいものが建つと思われたらしい。確かに周辺には馴染んでいないのだが。
 梵寿綱すたいるにある説明によると、1984年に作られたこの「和世陀」は、一階が店舗の六階建て民間分譲集合住宅である。「この試みは、虚構化された現実を神話的世界の『夢見る力』で再生すること」だったという。

 建物の写真を撮るのは慣れていないので、なかなか難しい。「あ、写真撮っている人がいる」という目で見られるのにも慣れていない。建物に近寄って何枚も写真を撮ったり、装飾をなでたりさすったり、あるいは頬ずりをしたりするのは恥ずかしい。ちょっと変な人がうろついていると思われて通報されたら大変である。一人ではなくて、仲間がいると心強いかも知れない。

 どうも私が撮ると、傾いてしまう。もっと丁寧に撮影できるようにならなければ。共用部分には入って行けるらしいが、勇気がなくて周辺をこそこそ歩いただけだった。そのうちまた訪れてみたい。

 もっと綺麗な写真で紹介してくれている方がいるので、その写真のスライドショーを下に貼っておく。詳しくは、リンク先を参照していただきたい。

 マインド和亜とラ・ポルタ和泉はまた後ほど。

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://nakano.no-ip.org/attic/trackback/tb.php?id=480
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)