Dec 26, 2012

梵先生の案内で梵寿綱巡り(10)

ポスト @ 23:44:01 | 梵寿綱

 中へ入っていきなり霊安室。最初にちょっと覗いて最後にまた入ったのだけど、写真はまとめて。このときは霊安室で洗い終わった洗濯物の整理をしていたので、遺体を置く台などの上に洗濯物がたくさん乗せてあったために、写真は上の方しかないのだ。

 霊安室の扉から。左の方に見えているのが梵先生の手だ。

 中に入って目に入るのは巨大な掌。

 遺体を安置する台も掌なのだが、洗濯物だらけなので撮影できず。後はただ、上の方を撮りまくるだけ。

 普通は霊安室を居室の近くに作るのは嫌がられるのだが、あえて近くに作ったという。また、死者との別れとなるとどうしても宗教的になりがちだが、特定の宗教と関連するようなことを示すわけにはいかないので、大きな手を使ったというようなことを仰有っていた。掌に穴が空いているのは自分にも判らないとのこと。空いてなくていいんじゃないかと云ったのだが、製作者の考えでは必要だったらしくてそうなったらしい。

 今日は霊安室だけ。

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://nakano.no-ip.org/attic/trackback/tb.php?id=739
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)