Dec 27, 2012

梵先生の案内で梵寿綱巡り(11)

ポスト @ 23:27:04 | 梵寿綱

 向台老人ホームの中をさらに進む。いきなり二階へ上がって浴室へ。天井と壁の境目の過度に人の鼻や目があって、涙を流していたり鼻を垂らしていたりする。

 浴室の窓から向かい側の窓が見える。

 廊下はこんな感じ。上にあるステンドグラスの飾りは、部屋の位置を覚えるのに役立つのだという。番号だけで覚えるのは入居者には難しいことがあって、自分の部屋がどこだか判らなくなりがちだが、この絵で覚えていれば覚えやすいのだとか。

 ここは何だったか……さきほど浴室の窓から見えた反対側の窓である。

 そして、階段。まあ、見れば判るが。

 しかし、階段は降りずに二階をもう少し見て歩く。

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://nakano.no-ip.org/attic/trackback/tb.php?id=740
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)