Jul 19, 2013

AirMac Diskを外から使う

ポスト @ 0:34:16 , 修正 @ Jul 18, 2013 15:34:16 | MacOSX,ubuntu

 以前、職場から自宅のAirMac Extremeに繋いだディスクに接続できなかったのだが、いつの間にか繋がるやうにその設定等を控えておく。

 AirMacユーティリティ(英語版だとAirPort Utility)でディスクを接続しているAirMacを開いて、Disksのパネルでファイル共有をオンにする。ここでは、LaCieの外付けハードディスクをUSB接続しているので、LaCieと名付けている。

AirPort Disk
次にモデム/ルータの設定を開いて、このAirMac Extremeのport 458を外に対して開く。

 どこでもMyMac(英語だとBack to My Mac)は使わない(設定しない)。

 これだけでいいはず。

 繋ぐときは、Finderでサーバへ接続を選んで、サーバの登録をする。ServerAddressにafp://xxx.xxx.xxx.xxx/LaCieと入力して、Connectボタンを押すだけ。iPadから繋ぐときは、afpに対応しているアプリ、例えばGoodReaderを使えば簡単にできる。

 Ubuntuから繋ぐこともできる。まず、afpfs-ng, afpfs-ng-utils, libafpclient0をインストール。ホームディレクトリに、MyMacというディレクトリを作成。そして以下のようにマウントすればいい。

$ mount_afp afp://username:password@xxx.xxx.xxx.xxx/LaCie ~/MyMac
Mounting xxx.xxx.xxx.xxx from LaCie on /home/xxxxx/MyMac
Mounting of volume LaCie of server AirMac00 succeeded.
といった具合で、接続完了。意外に簡単である。

 いや、これは便利である。EC2のWebDAV要らなかったじゃないかといいいたくなるほどである。

Trackback

No Trackbacks

Track from Your Website

http://nakano.no-ip.org/attic/trackback/tb.php?id=752
(言及リンクのないトラックバックは無視されます)