カテゴリー : MacOSX,ubuntu

このカテゴリーの登録数:19件 表示 : 1 - 7 / 19

Jul 19, 2013

AirMac Diskを外から使う

ポスト @ 0:34:16 , 修正 @ Jul 18, 2013 15:34:16 | MacOSX,ubuntu

 以前、職場から自宅のAirMac Extremeに繋いだディスクに接続できなかったのだが、いつの間にか繋がるやうにその設定等を控えておく。

 AirMacユーティリティ(英語版だとAirPort Utility)でディスクを接続しているAirMacを開いて、Disksのパネルでファイル共有をオンにする。ここでは、LaCieの外付けハードディスクをUSB接続しているので、LaCieと名付けている。

AirPort Disk
次にモデム/ルータの設定を開いて、このAirMac Extremeのport 458を外に対して開く。

 どこでもMyMac(英語だとBack to My Mac)は使わない(設定しない)。

 これだけでいいはず。

 繋ぐときは、Finderでサーバへ接続を選んで、サーバの登録をする。ServerAddressにafp://xxx.xxx.xxx.xxx/LaCieと入力して、Connectボタンを押すだけ。iPadから繋ぐときは、afpに対応しているアプリ、例えばGoodReaderを使えば簡単にできる。

 Ubuntuから繋ぐこともできる。まず、afpfs-ng, afpfs-ng-utils, libafpclient0をインストール。ホームディレクトリに、MyMacというディレクトリを作成。そして以下のようにマウントすればいい。

$ mount_afp afp://username:password@xxx.xxx.xxx.xxx/LaCie ~/MyMac
Mounting xxx.xxx.xxx.xxx from LaCie on /home/xxxxx/MyMac
Mounting of volume LaCie of server AirMac00 succeeded.
といった具合で、接続完了。意外に簡単である。

 いや、これは便利である。EC2のWebDAV要らなかったじゃないかといいいたくなるほどである。

May 13, 2012

MacOSXでBoxとTransmitを組み合わせて使う

ポスト @ 19:58:39 , 修正 @ May 13, 2012 10:58:39 | MacOSX,ubuntu

boxnet_logo boxというクラウドサービスがある。前はbox.netという名前で、その方がよく知られているかも知れない。ここは5 GBまで無料で利用できるのだが、ときどき50 GBキャンペーンみたいなのをやって、私も昨年末のiOS登録者に50 GB無料提供というので大容量を手に入れたのだった。でも、あまり活用してこなかった。DropboxやGoogle Diskの方が簡単に使えるからだ。でも、折角だから、この50 GBを有効に活用したいと思ったのである。理由は特にない。

 ここは特にデスクトップ用アプリケーションを出していないのだが、WebDAVが利用できる。だから、OSに関係なく使いやすいはずなのだ。前にも書いたことがあるが、改めてUbuntuでこれを使う方法を書いておこう(自分のためでもある)。

 davfs2については、インストールして使える状態になっているという前提で。まず、/etc/fstabに、

https://www.box.com/dav /home/xxx/Boxnet    davfs   rw,noauto,user,uid=1000,gid=1000  0       0
と書いてみた。前はhttpsではなくてhttpだったような気がする。マウントするのは、もちろん、/media/box.netとかにしてもいい。私はホームディレクトリにマウントした。
 次に、/etc/davfs2/davfs2.confに、
use_locks 0
と書き込んだ。
 さらに、/etc/davfs2/secretsに、マウントする場所、ユーザID(メールアドレス)とパスワードを記入した。
/home/xxx/Boxnet  user@mail.address   password
 最後に、グループdavfs2に自分を追加。という一連の設定が終わったところで、
mount ~/Boxnet
とするとマウントできて、ドラッグ&ドロップでファイルを保存したりローカルディスクに持ってきたりできた。しかし、geditのようなエディタでテキストファイを開けない。ExcelファイルをLibreOfficeで開くことはできた。pdfファイルもacrobatで開いた。テキストファイルがどうして開かないのかはよく判らない。一度vimで開いて保存するとgeditやLeafPadでも開くようになった。理由は判らない。新規作成したファイルは保存できるし、書き換えて再保存も問題ない。

 Macではマウントは簡単にできる(ファインダーのサーバーへ接続という機能を使えばいい)が、ファイルの保存はできなかった。ファイルの書き換えもだめ。ファイルが存在しませんとかいうエラーが出る。ただし、コマンドラインではファイルの書き換えも、ローカルディスクにあるファイルの保存もできる。理由は分からない。しかし、動きが極めて鈍い。

 CyberduckというFTPクライアントが使いやすいという評判で、実際に以前使ったこともあるのだが、今回はどうもうまくいかない。接続できて、ファイルのアップロードもできるのだがファイルが見えない。見えないことにはダウンロードができない。これではどうしようもない。

 そこで今回試したのはTransmit。確かに、これを使えばファイルのダウンロード・アップロードは簡単である。その場でファイルの編集はできないが。これにはマウント機能もある。メニューバーにTransmit Diskを表示する機能をOnにしておくと、図のようなトラックのアイコンが常駐するようになる。ここからディスクをマウントできるようになる。この機能でマウントすると、なぜかちゃんとファイルを保存できる。ただ、ファインダー上では容量0と表示されてアプリケーションで開くことができないが、実際には保存されている。他のアプリケーションでの保存先に直接選べるから便利である。2950円の有料アプリケーションだが、それだけ支払う価値のあるものだろう。表示が0になったりしていなければ、ちゃんとファイルを開いて編集して保存することも可能。

Transmitメニューアイコン Box on Desktop

 しかし、こいつはわが家の自宅サーバのWebDAVはマウントしても、ファイルのアップロードをしてくれないのだ。不愉快である。こちらは、Cyberduckを使うという手は、まあ、あるわけだが。

Sep 27, 2010

論文管理にMendeleyを使ってみる

ポスト @ 11:27:19 , 修正 @ Sep 27, 2010 2:27:19 | MacOSX,ubuntu

 論文のpdfファイルをどう管理するか、頭を悩ませていた。実は、前に本欄に書いたことがあるのだが、Amazon S3を使ってファイルを保存し、その論文のタイトル、著者、内容などで検索、ダウンロードできる仕組みを自分で作り、これが便利だと一人で悦に入っていたのだった。ところが、Ubuntuのアップグレードの際に事故があって、バックアップ用内蔵ハードディスクの内容が、二年前までしか読めなくなったことがあったのだ。どうしてそんなことになったのかは判らない。システムのインストールはハードディスクを初期化してのものだったので、二年分の記憶が消えてしまったというわけだ。発狂しそうになったが、私がいくら慌てたり喚いたり、祈ったり歌ったりしても、記憶は戻ってこない。その失われた記憶に含まれていたのが、自作の論文管理システムだ。悲しみのあまり、半年くらい放置していたのだが、やはり仕事に差し支えるので、何とかしようと思った。しかし、また自作する元気はない。なにか既製品でいいのはないだろうか。

 私が求める条件は、MacOSXでも Ubuntuでも同じように使えるということ、オンラインで同期できること、できればpdfファイルはどこかのサーバー上に保存できること(自分のコンピュータに事故があってもファイルは失われないように)、もちろん、いろいろな検索ができること、そして安価であることである。そんな夢のようなものがあるのかと思って探してみると、あった。便利な時代になったものだ。Mendeleyという。まずは、Ubuntu版をインストールしてみよう。説明にしたがって進めていけば簡単である。私は10.04なので、 /etc/apt/sources.listに下の一行を付け加える。

Lucid/10.04: deb http://www.mendeley.com/repositories/xUbuntu_10.04 /
次にterminalから、次のようにして、melendydesktopをインストールする。
sudo apt-get update
sudo apt-get install mendeleydesktop
いろいろ表示されて、インストール終了である。完了後、
mendeleydesktop
と打てば、動き始める。メニューの「Applications->Education」にも、Mendeley Desktopという項目が現れるので、これを選んで起動することも可能。

mendeley desktop

 私の場合、自分で溜め込んだpdfファイルを管理したいので、左上のAdd Documentsをクリックして、ファイルを保存しているフォルダを指定すると、そこからタイトル、著者、Journal名、要旨、本文などを自動的に抽出してくれる。あまり見慣れないJournalの場合、抽出に失敗することもある。そんなときは、自分で手動で追加したり変更したりできる。

 右上のSync Libraryをクリックすると、Mendeleyサーバにファイルが保存されて、自分のハードディスクが壊れてもファイルを失わなくてすむ。ファイルの保存容量は500 MBまで無料。3.5 GBまで月に5ドル、7.5 GBまで10ドルである。私のpdfファイルの容量を調べてから、有料版にアップグレードしようかと考えている。

 Microsoft WordやOpenOffice.orgと連動して、論文の引用文献リスト作成機能を使える。これは便利である。が、私は論文を書くときはLaTeXを使うことが多い。そんなときは、BibTeX出力機能を使えばいいだろう。

 論文にメモを貼り付けたり、強調線を引いたりできる。とにかく、何かと便利なようなのだ。

Mar 23, 2010

CalibreとDropbox

ポスト @ 21:10:04 | 電子書籍,MacOSX,ubuntu

 Caribreで電子書籍を管理閲覧する方法を覚えた今日この頃なのだが、肝心の電子書籍は一向に読まず、アプリケーションの使い方ばかり調べている。使い方を間違えたままライブラリに登録する本を増やし続けると、あとで困ったことになったりするかも知れないから、これでいいのだ。最初はまあ、そんなものだろう。CaribreはホームディレクトリにCalibre Libraryというォルダを作り、そこにファイルを保存する仕組みになっている。この場所はPreferencesで変更できる。これをDropboxの中に置けば、ネットにつながっていさえすればどこでも同じ電子書籍を読めるんじゃないかと思ったのだ。そう思ってちょっと検索してみると、いくつも報告例があるので、私が思いつくことくらい誰でも思いつくのだと判ると同時に、安心して試せるというわけだ。ところが……

 私が使いたいのは、MacとUbuntu Linuxの組合せである。この組合せの報告は少ない(少なくとも私は目にしていない)。問題は、ubuntuの方だった。まずはMacOSXで「Location of ebooks」の場所をDropbox内に作ったeBooksLibraryというフォルダに変更した。次に(翌日)、ubuntuのCalibreで Preferencesボタンを押し、「Location of ebooks」という項目を変更した。すると、昨日Macで設定した電子図書と同じものが表示されるようになった。ここまでは、思惑通りである。今度は、 ubuntuのCalibreから新しい電子書籍を登録しようとしたら、こんなエラーが表示され、追加できないのだ。

WarningCalibre
 なぜ? 「Location of ebooks」を前の場所(~/Calibre Library)に戻すと、追加できるようになる。理由は判らない。もう一つのMacOSXにもCalibreをインストールし、「Location of ebooks」の場所をさきほどのDropbox内のフォルダに設定する。今度は電子書籍を追加できる。追加できないものの、ubuntuでも読むことはできるようだから、まあいいか(あまりよくないけど)。しかし、よくよく書籍一覧ウィンドウを見てみると、表紙画像が間違って表示されている。フォルダを変更する前の記憶が混ざっているようだ。
calibre100323
 上のスクリーンショットでは、Tails of Wonder and Imaginationが選ばれているのに、表示は一つ下のF&SF January-February 2010である。まあ、本文は読めるからいいということにしようか(あまりよくないけど)。

Jun 05, 2009

MacOSXでTomboyを使う

ポスト @ 17:55:11 , 修正 @ Jun 05, 2009 8:55:11 | MacOSX,ubuntu

tomboy_logo MacOSXにはステッキーズというメモがあって、デスクトップ上に色のついた付箋紙みたいなメモを置いておける。UbuntuではもっぱらTomboyというのを使っている。Xpadというのもあるのだけど、Tomboyはリンク機能があったり、データをサーバ上に置いて、複数のコンピュータで同期させることも可能なのだ。直接関係ない話だが、xPadと書くとMacOSX用のまた別のノートパッドだ。それはどうでもいいのだが、とにかく、この同期機能が気になっていたのだが、今まで使っていなかった。なぜかというと、今のところTomboyを使っているデスクトップUbuntuが一台だけだからだ。ところが、このTomboyがMacOSXで使えるらしいのだ。ならば同期させたいではないか。そう思ったら、もう一刻も早く同期させたくなってきた。頭の中は同期同期とそれでいっぱいである。

 でも、どうしたらいいのかよく判らなかった。探してみると丁寧に説明してくれている人がいたのだ。それを参考に、まず、libfuse-devとlibneon27-dev をインストール。次に、 wdfs - webdav filesystem for fuseが必要らしいので、最新版をインストール。
 一旦、Tomboyを終了して、再度開く。「設定」のところの「同期」を開いて、URLにhttp://nakano.no-ip.org/dav/というようなのを入れる。これは5月3日に書いた自宅サーバのWebDavである。もちろん、外部のWebDavサービスを利用してもいい。たとえば、iDiskとかDropBoxとか。
 ここで最後のスラッシュがないとエラーになる。
 ユーザ名とパスワードをいれて、「保存」をクリックすれば設定終了。まだ同期はされない。「全てのメモの検索」から「ツール」を選ぶと「同期」というメニューが見える。こいつを選ぶと同期が開始される。しばらくして同期完了。サーバの方にはmanifest.xmlというファイルと0というファイルができている。何、この0というのは。容量もゼロなんですが。

 次にMacの方にTomboyをインストールする。 インストール方法をみると、まずMonoをインストールせよと書いてある。これが何だか私は知らないが、何だか解らなくても平気でインストールしてしまえる性格なので、気にせず入れる。
 次に、MacOSX用Tomboyをダウンロードするとディスクイメージができて、その中にあるアプリケーションファイルを「アプリケーション」フォルダに入れるだけ。ダブルクリックすると、本当に動いた。感動的である。

tomboy_mac

 同期の設定である。残念なことに、設定はすぐにできるが同期できない。ちゃんとWebDavの接続ができないみたいだ。さらに、メモとして日本語の入力ができないことを発見してしまった。これではこまる。 日本語のコピー&ペーストもできない。ショートカットキーは林檎鍵+C/VではなくてCtrl+C/Vなのはなぜ?やれやれ、時間を無駄に使ってしまった。まあ、Mac用は開発途上版だから、仕方がないか。でも、感動して損した気分。


Mar 29, 2009

AirMac Diskを使う

ポスト @ 22:08:54 , 修正 @ Mar 29, 2009 13:08:54 | MacOSX,ubuntu

_ AirMac Extreme を買ったのだが、なかなか設定する時間がとれなかった。ようやく今日試してみることができたので、報告する。そんなに求められていないとは思うけど。

  1. ケーブルで繋いで、電源を入れる。PowerMac G5のAirMacユーティリティで認識。
  2. ファームウェアのアップデート(7.4.1)
  3. 名前、パスワードの設定。名前をAirMacExtreme01とした。
  4. 「続ける」を押してから、「新しいワイヤレスネットワークの設定」へ。
  5. ネットワーク名とWPA/WPA2パーソナル用パスワードの設定。
  6. 「続ける」を押してから、ブリッジモードを選ぶ。ルータの配下に接続しており、IPアドレスの割り当てなどは行わないから。
  7. 「続ける」をおして、IPアドレスは固定で設定。下の方は空欄のまま。
  8. 「続ける」を押して再起動を待つ。
  9. 表示される名前が新しいものに変わって、「設定を完了しました」の表示が出る。
  10. Inspiron mini9 ubuntuで無線接続を試し、問題なく接続できることが確認。
 以上でAirMac Exptremeの無線LANの設定を終了。次に外付けハードディスクの初期化から。
  1. Logitec LHD-ED500U2 を直接PowerMac G5にUSBケーブルで繋ぎ、初期化する。MacOS拡張(ジャーナリング/大文字小文字区別)HFS+ を選んでみる。根拠はない。なんとなく。大文字小文字区別はubuntuから利用するときに区別した方がいいのかなと思ったから。ディスク名をLogitec500GBとした。
  2. 初期化後、一旦外して、さきほど設定したAirMac Extremeにつなぎ直して電源を入れる。AirMacユーティリティの「ディスク」に表示される。「ファイル共有」設定はそのまま。即ち、「ファイル共有を使用」が有効になっていて、パスワードは「AirMac Extremeパスワード」、ゲスト利用は「許可しない」。
  3. ファインダの「サーバへ接続」を開くと、AirMacディスクがすでに表示されている。種類はAFP Serverとなっている。接続を押すとマウントされる。起動時の自動マウントについてはあとで考えよう。Mac miniに移行しようと思っているので、この機に設定してもあまり意味がないから。
 次に、Linux (Ubuntu 8.10)からの接続を試す。
  1. smbfsをインストール。
  2. /mnt に AirMacDiskというディレクトリを作る。
  3. sudo mount -t cifs //192.168.1.200/Logitec500GB /mnt/AirMacDisk -o uid=username,ip=192.168.1.200
    で接続。AirMacのIPアドレスが192.168.1.200だから。
 Ubuntuでもマウントできて、ファイルの読み書きが出来ることを確認した。起動時の自動マウントについてはまた後ほど。cifsで接続するときに、先に設定したディスク名をIPアドレスの下に書かなければならないことが判らなくて、何時間か無駄にしたような気がする。これで、MacからもUbuntuからもAirMac Diskが利用できることが判ってよかった。

Jan 21, 2009

nkf 2.0.9

ポスト @ 22:27:22 , 修正 @ Jan 21, 2009 13:27:22 | MacOSX,ubuntu

 nkf 2.0.9が出たという記事「文字コード変換ツール「nkf」の最新版が公開」を見かけたので、早速MacOSXにインストールしてみた。

 NKFのサイトからダウンロードし、展開。いきなりmakeするだけ。出来上がったnkfを置きたい場所(私の場合は/usr/local/bin)にコピーすれば終わりである。

nkf_example

-Z4 オプションを追加し、JIS X 0208 カタカナを JIS X 0201 カタカナに変換できるようになった(つまりカタカナの全角半角変換)ことと、 -g=0, -g=1, --guess=0, --guess=1 オプションを追加し、改行コードの推測を行うようになったことなどが、変更点らしい。上のように、片仮名の変換ができたが、私は半角なんか使わないから、どれくらいこの機能を使うかは解らない。

 ということで、この項はこれで終わり。