カテゴリー : MacOSX

このカテゴリーの登録数:106件 表示 : 8 - 14 / 106

Sep 23, 2011

MacアプリケーションでEmacs風キーバインド

ポスト @ 13:56:34 , 修正 @ Sep 23, 2011 4:56:34 | MacOSX

fraise_logo 以前はSmultronというエディタを愛用していた。が、いつの頃からかOSのアップデートに対応しなくなり、やがて、開発停止となってしまった。この頃はCotEditorなどを使っていた。Smultronのことはもう忘れかけていたのだが、これが名前を変えて甦っているというではないか。Fraiseという名前である。早速、ダウンロードしてみた。フリーウェアである。

 何かと使いやすいがこれではないと困るとか、これがないと生きていけないという訳でもない。今もこの文章はvimで書いているくらいだ。

 これもまたふと気づいたのだが、このエディタはEmacsふうのキー操作ができるのである。コントロールキー+Pで前の行に戻るとか、そういうやつだ。驚いた。感激した。そういう操作ができるなら、私の嫌いなマウスを使う頻度がずっと減るではないか。Kill&yankもできる。しかも、この操作はMac OSX標準のTextEditorとかMailとかSafariでも使えるらしいのだ。知らなかった。CotEditorやTeXshopでも使える。知らなかった。

 これは「NSTextView」というCocoaアプリのクラスを利用しているアプリケーションなら使えるのだそうだ(OS X ハッキング! 103 Cocoaアプリのキーバインドにこだわる)。もう何年も前から使えるらしい。
 マウスやトラックボールを使う頻度を少しでも減らしたいので活用したいのだが、残念なことに私はEmacsはほとんど使わないのでキーの組合せを覚えていないのだ。私はvim派なのだ。上の行へ行くときにはPではなくK、下の行へ行くときにはNではなくJだ。これを私好みに変えることはできないのか……

 できるらしい。

 /System/Library/Frameworks/AppKit.framework/Resources/ StandardKeyBinding.dictにシステム標準のキーバインド情報があるという。こいつをコピーして名前を変えて~/Library/KeyBindings/DefaultKeyBinding.dictとすれば自分用の設定が作れる。このファイルをvimで開いたらなんだか訳の判らないことになったので、Property List Editorで開こうと思ったら、これが見つけられない。前はアプリケーションフォルダの中のユーティリティにあったのに。ようやく、Developer-3.2.6/Applications/Utilitiesの中に見つけた。やれやれ。
 これを開くとこんなふうになっている。

StandardKeyBinding.dict

 この^bを^hにすればvim風になるのか。直ちに着手しようかと思ったが、これをちまちま変更していくのは面倒くさいではないか。Emacsのキーの組合せを覚えた方がいいような気がしてきて、あっさり方針変更。ファイルをゴミ箱に捨てた。

 これらのキーバインドはアップルのサポートページ「Mac OS Xのキーボードショートカット」の「アプリケーション用などその他のMac OS X キーボードコマンド」に一覧が掲げられている。

 最近覚えたキー操作。「林檎キー+`」で(同一アプリケーション内の)次のウィンドウを操作対象にする。「林檎キー+Deleteキー」でファイル保存時の「保存しない」を選択。

May 29, 2011

Alfredを使ってみる

ポスト @ 22:52:50 | MacOSX

alfred-logo 今まで、MacOSXでアプリケーションの名前を打ち込んで起動させるのには、ABCLaunchというのを使っていた。本当にそれだけの機能を提供してくれるもの。私は何事も簡素で判りやすいものが好きなので気に入っていたのだが、lifehackerで「アップデートした『Alfred』がいよいよ『Quicksilver』と同程度の機能を搭載」という記事を読み、使ってみたくなった。

 Alfredのサイトからダウンロードしてくればそのまま使える。キーボードから名前を途中まで打ち込んでアプリケーションを起動するのは当然できることだが、他にも、ファイル検索、ネット検索、電卓機能、システムの停止・再起動、ロック、スリープ、ゴミ箱を空にする、ログアウトなども、キー操作で実行できる。有料番はもっといろいろな操作が可能になる。有料版だとさらにさまざまな操作ができるようになる。

 気に入ったら、さらに有料版も検討してみようかと思って無料のものをダウンロードして使ってみているところだが、有料版に心惹かれているのである。長い間お世話になったABCLaunch、ありがとう。私は飽きっぽい性格なのだ。

 ちなみにQuicksilverというのは使ったことがない。

May 23, 2011

SugarSyncとかSpderOakとか使ってみる

ポスト @ 23:16:05 | MacOSX,iPad,iPodTouch,ubuntu

SpiderOak Logo  iPad2を買ったのだが、ディスク容量は16GBしかない。資金の限界である。そこで考えるのが、オンラインストレージである。誰でも多分考えることは同じだ。オンラインストレージから必要なものをその都度ダウンロードしてくれば、記憶容量の節約になる。

 今日は、SpiderOakというのを試してみた。MacOSXとiPadだけでなく、Ubuntuでも使えるというのがいい(もちろん、Windowsでも使えるが、私がWindowsを使えないのだ)。2GB版は無料。バックアップに使ったり、複数の機器で同期をとったりできる。設定のときに、BackupとSyncで両方のチェックを入れないと同期はとれないようだ。

 MacOSXとiPadだけでいいなら、SugarSyncが、無料で5GBまで使えるので嬉しい。機能も充実している。

 そんなこんなで、無料のオンラインストレージを集めてみると、
Dropbox : 2.6GB (M+I+U)
Box.net : 5.0GB (M+I+U)
ZumoDrive : 2.0GB (M+I+U)
SpiderOak : 2.0GB (M+I+U)
SugarSync : 5.0GB (M+I)
UbuntuOne : 2.0GB (U)
といった感じで(後ろのM, I, UはそれぞれMacOSX, iPad, Ubuntuの意味である)、これに有料のiDisk (MobileMe) の15GBを加えたものを利用している。合計で33.6GBである。たぶん。iPadで使えるのが31.6GBということになろうか。

 これにWebブラウザ経由ながら、無料で50GB使えるAdriveの気前のよさには感心する。有料版を購入すれば、MacOSX, Windows, Linuxでデスクトップにマウントできるよういなるらしい。残念ながらiPad用のアプリケーションはない。

 この手のストレージの心配なところは、会社が存続できなくなることが稀ではないということだろうか。Xdriveとか、OosahとかOpenomyとか、今はもうないストレージもある。

 まあ、こんな感じでしばらく使ってみようかと思っている。何か特筆すべきことに気がついたら、またご報告したい。

Oct 25, 2010

音楽ファイルサーバFirefly

ポスト @ 18:40:12 , 修正 @ Oct 25, 2010 9:40:12 | ubuntu,MacOSX

 音楽CDを聴くときには、最近ではもっぱらハードディスクに保存して、MacならiTunes、UbuntuならRhythmboxで聴いている。Macその1で聴くときにはMacその1に保存したファイルを、Macその2で聴くときにはMacその2に保存したファイルを、Ubuntuで聴くときにはUbuntuPCに保存したファイルを聴くことになる。どの曲がどこに保存されているか判らなくなって、しかも複数のハードディスクにばらばらに保存するのは効率が悪い。ということで、音楽ファイルサーバFireflyを使ってみることにした。

 Ubuntuの人は、Ubuntu Tips/サーバー環境/iTuneサーバ、「Firefly」を参考にすれば簡単である。インストールは旧名で呼び出す。

sudo apt-get install mt-daapd
 これだけでいい。うっかりしやすいのは、ファイルを保存するフォルダ(ディレクトリ)のアクセス権限くらいだろうか。上のサイトで詳しく説明されているのに、私は間違えていた。757にすればいいと書いてある。

 設定はブラウザで、http://localhost:3689を開けば簡単に変更できる。管理者パスワードの変更とか、音楽ファイルを読むときのパスワードの設定とか。

 Fireflyの画面で、スキャンを実行すれば準備完了。すると、iTunesに共有サーバが現れるという。ところが、現れない。いろいろ悩んでサーバ側の設定を検討したりして、いつの間にか数時間。ようやく気がついたのは、iTunesの方で、「共有されているライブラリを検索する」にチェックを入れておかなければならないのだ。困っていたのは私だけだったようなので、地球上の私以外の利用者は皆チェックを入れていたらしい。

ITunes設定画面

 するとちゃんと共有ライブラリが表示される。

iTunes共有ライブラリ

 Rhythmboxでも、こんなふうに表示される。でも、サーバ機のRhythmboxでは利用できない。それに気付かず、また時間を無駄にした。やれやれ。

Rhythmbox共有ライブラリ

 Rhythmboxで利用するときの、パスワードの入力方法が判らない。

10/29追記:Rhythmboxでも最初のアクセスのときにパスワードを入力する小窓が出てきた。

11/14追記:ブラウザからだとパスワードや音楽ファイルを置く場所の変更ができなかった。/etc/mt-daapd.confを書き換えてから、sudo /etc/init.d/mt-daapd restartとやって、設定変更を読み込ませたら、変更できた。

Oct 01, 2010

Kindleを買った

ポスト @ 9:18:43 , 修正 @ Oct 01, 2010 0:18:43 | Kindle,MacOSX,LaTeX

 Kindle を買った。買い方は簡単。Amazon.comで購入ボタンをクリックすればいいだけだ。アカウントを持っていない人は、そこの登録作業から始めなくてはならないけれども。註文すると一週間で届く。今買えるのは俗称Kindle 3という機種。Wi-Fi版と3G+Wi-Fi版がある。私は前者。価格は$139である。日本からだと、送料・手数料とかあって、結局15000円くらいになる。

 届いたら、早速充電。充電が終わると(終わらなくてもいいのだが)、まずは無線LANの接続(後でもいいのだが)。利用できる無線LANを自動表示してくれるから、目的のを選んでパスワードを入れればいい。私は自宅の無線LANを利用する。

 さて、この夏に発表されたこの機種から日本語フォント(中国語や韓国語にも)に対応するようになった。まずはそれを試してみようと考えた。試すだけなら費用がかからない。無料で試すといったら青空文庫である。青空文庫をKindleで読めるようにする方法はいろいろあるけれども、私は以前から自作していた縦書きPDF変換サイトを利用することにした。これは、青空文庫のxhtmlファイルをLaTeXで縦書きPDFに変換するというものである。大きさは大きな液晶画面で読むためのものと、iPod Touchのようなもので読むためのものの二つがある。後者は横長なので、今回はPC用でファイルを作った。

 材料は中島敦である。青空文庫のxhtml版のURLをコピー&ペーストして、送信ボタンを押すだけである。次の画面でうまく縦書きPDFが表示されてもされなくても、ファイルをダウンロードという文字をクリックすれば、目的のPDFをダウンロードできるはず。もしも、このほんの少しの間に別の人が新たなPDFファイルを作成してしまうと、別のものがダウンロードされてしまうかもしれない。今までは特に活用されていなかったから、問題はなかった。

 さて、ダウンロードしたファイルをKindleのdocumentsフォルダにコピーする。Macの場合、USBケーブルで繋いだら、デスクトップにKindleというディスクが出現するのでクリックしてフォルダを開けばいい。Windowsのことは知らない。

 ケーブルを外して、Kindleの書籍一覧画面から、今回保存したPDFを選ぶ。そうすれば、縦書きで中島敦が読める……と思ったら、何もない。正確に云うとページ数が寂しく表示されているだけである。なぜ? 何となく、フォントが埋め込まれていないからかなと思った。どうやったら、フォントを埋め込めるのか。どこかで、MacOSXの人は「プレビュー」で簡単にフォントを埋め込めるからいいねと書いていたのを見かけた記憶があるので、Macに戻ってファイルを開く。「別名で保存」かなと思ったけれども、フォント埋め込み機能なんて見当たらない。次に「プリント」を押してみる。そこで、紙に印刷するのではなく、ファイルで保存を選ぶ。そのときのファイル形式をPDF-Xにする。こうするとフォントが埋め込まれるのだ。どうして、そんなことを知っているのか自分でも判らないが、それくらいしか選ぶものを思いつかなかったので試してみただけというところだろうか。

 できあがったファイルを再度Kindleへ。Kindleの書籍一覧から選んでみると、ちゃんと表示された。めでたしめでたし。

 しかし、ちょっと字が小さいな。まだ老眼になってはいないけれど、そうなったときでも大丈夫なくらいの大きなフォントにしてみよう。縦書きPDF変換サイトのPHPスクリプトを書き換えて、PC用、iPhone用に加えて、Kindle用というサイズを作った。再度、PDFファイルを作って、プレビューでPDF-Xにしてみた。

 今度は文字が大きくなっている。これくらいでいいか。ちょっと大きくしすぎか。何れにせよ、日本語の文字は予想以上に綺麗だ。これくらい大きくすれば、ルビも読みづらくない(逆に云うと、ルビがなかったら、もう少し小さくてもいいかも)。

 LaTeXでPDFを作るとき(dvipdfmxでpdfを出力するとき)にフォントを埋め込む方法を調べたら、少々面倒くさいことが判った。そんなことをする元気は今はないので、諦めた。自分で読む分には、プレビューで出力しなおせばいいやと思ってしまった。

 今日は初めてKindleを触った日だから、これくらいにしておこう。

Sep 27, 2010

論文管理にMendeleyを使ってみる

ポスト @ 11:27:19 , 修正 @ Sep 27, 2010 2:27:19 | MacOSX,ubuntu

 論文のpdfファイルをどう管理するか、頭を悩ませていた。実は、前に本欄に書いたことがあるのだが、Amazon S3を使ってファイルを保存し、その論文のタイトル、著者、内容などで検索、ダウンロードできる仕組みを自分で作り、これが便利だと一人で悦に入っていたのだった。ところが、Ubuntuのアップグレードの際に事故があって、バックアップ用内蔵ハードディスクの内容が、二年前までしか読めなくなったことがあったのだ。どうしてそんなことになったのかは判らない。システムのインストールはハードディスクを初期化してのものだったので、二年分の記憶が消えてしまったというわけだ。発狂しそうになったが、私がいくら慌てたり喚いたり、祈ったり歌ったりしても、記憶は戻ってこない。その失われた記憶に含まれていたのが、自作の論文管理システムだ。悲しみのあまり、半年くらい放置していたのだが、やはり仕事に差し支えるので、何とかしようと思った。しかし、また自作する元気はない。なにか既製品でいいのはないだろうか。

 私が求める条件は、MacOSXでも Ubuntuでも同じように使えるということ、オンラインで同期できること、できればpdfファイルはどこかのサーバー上に保存できること(自分のコンピュータに事故があってもファイルは失われないように)、もちろん、いろいろな検索ができること、そして安価であることである。そんな夢のようなものがあるのかと思って探してみると、あった。便利な時代になったものだ。Mendeleyという。まずは、Ubuntu版をインストールしてみよう。説明にしたがって進めていけば簡単である。私は10.04なので、 /etc/apt/sources.listに下の一行を付け加える。

Lucid/10.04: deb http://www.mendeley.com/repositories/xUbuntu_10.04 /
次にterminalから、次のようにして、melendydesktopをインストールする。
sudo apt-get update
sudo apt-get install mendeleydesktop
いろいろ表示されて、インストール終了である。完了後、
mendeleydesktop
と打てば、動き始める。メニューの「Applications->Education」にも、Mendeley Desktopという項目が現れるので、これを選んで起動することも可能。

mendeley desktop

 私の場合、自分で溜め込んだpdfファイルを管理したいので、左上のAdd Documentsをクリックして、ファイルを保存しているフォルダを指定すると、そこからタイトル、著者、Journal名、要旨、本文などを自動的に抽出してくれる。あまり見慣れないJournalの場合、抽出に失敗することもある。そんなときは、自分で手動で追加したり変更したりできる。

 右上のSync Libraryをクリックすると、Mendeleyサーバにファイルが保存されて、自分のハードディスクが壊れてもファイルを失わなくてすむ。ファイルの保存容量は500 MBまで無料。3.5 GBまで月に5ドル、7.5 GBまで10ドルである。私のpdfファイルの容量を調べてから、有料版にアップグレードしようかと考えている。

 Microsoft WordやOpenOffice.orgと連動して、論文の引用文献リスト作成機能を使える。これは便利である。が、私は論文を書くときはLaTeXを使うことが多い。そんなときは、BibTeX出力機能を使えばいいだろう。

 論文にメモを貼り付けたり、強調線を引いたりできる。とにかく、何かと便利なようなのだ。

Aug 10, 2010

iTerm日本語文字化け

ポスト @ 10:03:38 , 修正 @ Aug 10, 2010 1:03:38 | MacOSX

 久しぶりにiTermで日本語を入力しようとしたら(職場ではあまり日本語を入力しない)、何と文字化けしてしまうのだ。前はこんなことはなかったはずなのに。

iTerm文字化け

 ずいぶん悩んでしまった。結局.vimrcに、

set termencoding=utf-8
set encoding=utf-8
set fileencodings=iso-2022-jp,utf-8,cp932,euc-jp
と書けばいいだけだった。前には書いていたのに、いつの間にか忘れてしまったのだろう。もう不要だと思ったのか。○や□でカーソル位置がずれないようにするには、set ambiwidth=doubleを書いておくのだったか。これは書いてあった。

iTerm文字化け解決

 lsで日本語ファイル名が文字化けするのは、.bash_profileにalias ls='ls -v'と書いた。毎回ls -vとやってもいいのだけど。

 忘れないうちにここに書き留めておく。でも、きっと書き留めたことを忘れてしまうのだ。