八月一八日(日)

 今週買った本。
●小林幸夫『現場で出会う微積分・線形代数』(現代数学社)
●種村季弘『書物漫遊記』(ちくま文庫)
○Thorne Smith The Night Life of the Gods
 買ったのはこれだけか……種村季弘は新刊書店で買へなかったので、〈日本の古本屋〉検索して北海道深川市のフタバ書店に註文。

 『ジャーゲン』の訳者あとがきを書いて送信。

 今週もBookLess. Wörter durchfluten die Zeitを読んでゐた。86%くらゐ。


八月一一日(日)

 今月に入って買った本。
『ミステリーズ vol. 96』(東京創元社)
『フィッツジェラルド短篇集』(佐伯泰樹編訳/岩波文庫)
●ハーラン・エリスン編『危険なヴィジョン〔完全版〕3』(浅倉久志他訳/ハヤカワ文庫SF)
『DTP&印刷スーパーしくみ事典2019』(ボーンデジタル)
○James Branch Cabell The Silver Stallion. A comedy of redemption (Robert M. McBride 1928)
 キャベルのは別の版を持ってゐるが、見返しにFrank C. Papeの地図があるはずなので。もう持ってゐる地図でなければよいが。

 乾石智子『滅びの鐘』(創元推理文庫)ご恵贈賜りました。

 『ジャーゲン』の初校ゲラの直しがだいたい終った。あとがきを書き始めた。

 相変らずBookLess. Wörter durchfluten die Zeitを読んでゐる。72%くらゐ。他の本が全然読めないが、今はこれを読みたい。語彙も少し増えてきたやうな気がするので、中断すると忘れてしまひさうな気がして。


七月三一日(水)

 集計のため少し遡って、7月に買った本。
●J・G・バラード『太陽の帝国』(山田和子訳/創元SF文庫)
『ガラン版 千一夜物語 1』(西尾哲夫訳/岩波書店)
●宮脇孝雄『洋書天国へようこそ』(アルク)
●池内紀編訳『ウィーン世紀末文学選』(岩波文庫)
●テレサ・オニール『ヴィクトリアン・レディーのための秘密のガイド』(松尾恭子訳/東京創元社)
●山尾悠子・中川多里『小鳥たち』(studio parabolica)
●三井誠ルポ 人は科学が苦手(光文社新書)
The R.A. Lafferty Fantastic MEGAPACK (Wildside Press)
最後の二冊はKindle版で。

 このところほぼ毎日BookLess. Wörter durchfluten die Zeitを読んでゐる。60%を越えたところ。やうやく少し進むやうになってきた。これを買ったのは五年前らしい。読めるやうになるのに五年かかったといふことだ。


ホームへ戻る