一一月一二日(日)

 今週も引き続きダンセイニの戯曲を註文。
○Lord Dunsany Five Plays
○Lord Dunsany Alexander and Three Small Plays (1925)
○Lord Dunsany Plays of God and Men
○Lord Dunsany Plays of Near and Far
あれ? またFive Plays註文した? なぜだ。

 和書では、
『近代劇全集第25巻 愛蘭土篇』(第一書房/昭和二年)
をヤフーオークションで。松村みね子訳の戯曲が11篇収録されてゐて、内四篇がダンセイニ。

 その他、買った本。
●ウィリアム・ゴールディング『後継者たち』(小川和夫訳/ハヤカワepi文庫)
●ケイティ・カーン『君の彼方、見えない星』(赤尾秀子訳/ハヤカワ文庫SF)
●荒井献編『新約聖書外典』(講談社文芸文庫)
 ダンセイニ以外の本はあまり買はなかった。

 先週書き忘れてゐたが、
○Aleister Crowley Diary of a Drug Fiend
Kindle版で購入し、しかもほとんど読んでしまった。日曜日の夜の時点で残り6%である。
 もちろん、第一部は『麻薬常用者の日記1』で読んでゐるので、続きの第二部と第三部だけ。第三部がいちばん面白い。


一一月五日(日)

 先月買った本は、和書19冊、洋書4冊だった。少ない。

 今月に入ってから買った本。
●植田かおり『古典ギリシア語のしくみ』(白水社)
『奇想天外 復刻版』(南雲堂)
『奇想天外 21世紀版』(南雲堂)
『世界戯曲全集 第9巻 愛蘭劇篇』(近代社/昭和3年)
○Lord Dunsany The Ginger Cat and Other Lost Plays (Wildside Press, 2005)
○Lord Dunsany Five Plays (1914)
○Lord Dunsany Mr. Faithful: A Comedy in Three Acts
○Lord Dunsany Seven Modern Comedies
○Lord Dunsany Alexander and Three Small Plays (1925)
ダンセイニの戯曲関係の本を買ってみた。

 その他、古書かんたんむに「演劇新潮 第1年第5号」を註文した。

 佐藤さくら『魔導の矜持』(創元推理文庫)ご恵贈賜りました。ありがたうございました。


一〇月三一日(火)

 昨日買った本。
●ロジャー・ゼラズニイ『虚ろなる十月の夜に』(森瀬繚訳/竹書房文庫)
 ゼラズニイの翻訳はずいぶん久しぶり。

 ここ数日で註文した洋古書
○Frank Owen The Porcelain Magician: A Collection of Oriental Fantasies (1948)
○Frank Owen Between the Covers
 この後者は、あのフランク・オーウェンではないのか?
○Lord Dunsany The Old Folk of the Centuries
 これはダンセイニの戯曲。

 今週はサカタのタネに来年のトマトの苗を註文した。


ホームへ戻る