九月二〇日(水)

 長い間、サーバー上のMySQLがうまく動いてをらず、この日記が表示できなくなってゐた。何と三週間近くも。もうほとんど誰も読んでゐないと思ふが、自分がどんな本を買ったのか検索できなくなってしまふので、私が困るのである。明日から、この三週間に買った本を記録していかなければ。

 あと、歴史的仮名遣ひの書き方を忘れてしまふ。


八月三一日(木)

 8月最終週までに買った本。
●ジョー・ウォルトン『わたしの本当の子どもたち』(茂木健訳/創元SF文庫)
●スタージョン他『猫は宇宙で丸くなる』(中村融編/竹書房文庫)
以上二冊。

 ジョー・ウォルトン『わたしの本当の子どもたち』(茂木健訳/創元SF文庫)と鴇澤亜妃子『宝石鳥』(東京創元社)をご恵贈賜りました。ありがたうございました。

 8月は和書を18冊、洋書を3冊購入した。少ない。それでも7月に比べれば少し増えた。


八月二七日(日)

 今週買った本。
●前野ウルド浩太郎『バッタを倒しにアフリカへ』(光文社新書)
をKindle版で。

 紙の本は以下の三冊。
●アンドルー・ラング『夢と幽霊の書』(ないとうふみこ訳/作品社)
●アダム・ロバーツ『ジャック・グラス伝』(内田昌之訳/早川書房)
●ステファン・グラビンスキ『火の書』(芝田文乃訳/国書刊行会)

 アンドレイ・サプコフスキ『The Witcher I エルフの血脈』『II 屈辱の刻』(川野靖子訳/ハヤカワ文庫FT)ご恵贈賜りました。ありがたうございました。第一巻は前に『エルフの血脈』といふタイトルで出た作品がシリーズとして出すから新装版になったのか。

 アダム・ロバーツ『ジャック・グラス伝』(内田昌之訳/早川書房)ご恵贈賜りました。ありがたうございました。

 SFマガジン10月号ご恵贈賜りました。ありがたうございました。

 竹尾の見本帖本店で「い織り」といふ新しい紙を買った。その他、2枚ほど全紙で買った。全紙(四六判)を買ふのは初めてである。この見本帖本店一階は紙しかないのだが、楽しくて仕方がない。

 Instagram始めました。


ホームへ戻る